電子定款の作成に必要な作業

電子定款を作成するためには、電子署名をするために電子証明書が保存されたマイナンバーカードを発行してもらう必要があります。

そして、電子証明書が保存されたマイナンバーカードを手に入れることが出来たら、その電子証明書のデータを公的認証サービスに対応したICカードリーダライタと呼ばれる電子機器を利用して読み込むことが必要です。ICカードリーダライタは家電量販店などで、およそ5千円ぐらいの値段で提供されているため、持っていないときは買う必要があります。

この電子機器を利用して電子証明書のデータをマイナンバーカードから読み込んだら法務省の公式ウェブサイトからダウンロードが無料で出来る電子署名プラグインソフトをインストールするのです。電子署名プラグインソフトを利用することによって電子定款に対する電子署名が可能になります。これで電子署名が施された電子定款が完成するので、ここから申請手続きに進みますが、申請は法務省が提供するオンラインシステムを利用して手続きを行います。

まず、申請用総合ソフトを登記・供託オンライン申請システムというウェブページからダウンロードすることが必要です。パソコンに申請用総合ソフトをインストールすることが出来たら、そのソフトを利用して公証役場に電子定款のデータを送信します。送信先は設立しようとしている会社を管轄している公証役場となるため間違えないように注意が必要です。申請の結果、無事に認証されたら公証役場に直接電子定款を受け取りに行きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *