電子定款の特徴について

電子定款というのは、会社設立時には欠かせない定款を紙ベースではなく電子的に作成したものです。

定款は会社にとっての基本事項を記したものですが、以前は当たり前のように紙で作成することが求められていました。しかし、コンピューターがこれほど発達しているのですから、何も紙という形にする必要はないのではないか、内容さえしっかりと担保されていれば電子の形態でも良いのではないかということで認められるようになったのが電子定款です。ただ、定款というのは非常に重要な文書ですから、いい加減な取り扱いがされるようでは困ります。

実際、紙ベースの定款であっても署名又は記名捺印が求められており、これと同等レベルの扱いが電子定款の場合でも必要とされます。電子の場合の署名や記名捺印とはどういうものでしょうか。ちょっと考えると、コンピューター上で作成した定款ファイルを一旦紙に出力し、そこに署名するなり記名捺印するなりしたものを、スキャナーか何かで電子ファイルとして取り込めばよいのではないかと思われるかもしれませんが、これは実は電子的な定款としては認められません。

元のファイルを修正したうえで再度出力し、記載された署名なり記名捺印の部分をコピーして貼り付けたうえで再度スキャナーで取り込まれたりすると、電子の場合もはやどちらか正当な文書なのか分からなくなってしまうことも十分にあるからです。電子の場合、コピーされると全く見分けがつかないということも起こり得るので、このような方法は認められていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *