電子定款を認証する作業を代行してもらう

電子定款は申請して公証役場から認定されたら、公証役場に出向いて電子定款を受け取りに行く必要があります。

受け取るときにはデータを保存するためのCD-RやUSBメモリーを用意すると便利です。そして会社を登記する手続きを行うためのもの1部と設立した会社に保存しておくためのも1部の合わせて2部のプリントアウトした電子定款を発行しておく必要があります。また全ての発起人の印鑑証明書と発起人を除く社員全員の電子署名を施した委任状を持って行くことが必要です。

更に5万円の認証手数料と、およそ1700円ぐらいの各種手数料を公証役場で支払って手続きが終了します。これらの電子定款を発行するための手続きを発起人が全て自分の力だけで行うのは非常に手間とお金がかかってしまうのです。会社を設立する手続きを専門的に請け負う税理士や司法書士、会計士、行政書士などの会社はたくさんあり、そのようなプロに依頼すれば電子定款を公証役場に認証してもらう手続きを代わりに行ってくれます。会社を設立する全ての手続きを、まとめて依頼するケースがほとんどなため、依頼内容の中に電子認証の手続きを代行する作業も会社を設立する手続きを代行する作業の中に含まれています。

そして会社を設立する手続きにかかる費用は、およそ5万円から10万円ぐらいで代行してくれる場合が一般的です。会計士事務所や税理士事務所の中には会社を設立する手続きの代行費用が0円としているところも少なくありませんが、0円で代行してもらったときは会社を設立してからの顧問契約をすることが条件となっていることが多いため注意する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *