電子定款でコストを減らせる

会社設立にあたってのコストを減らせる方法はいろいろと考えられますが、直接的な方法としては、電子定款を採用することが挙げられます。

電子定款はその名のとおり、従来からある紙の定款を電子文書に置き換えたものを指しています。これも紙の文書と同じく法律で認められた形態ですし、商号や事業目的などといった、内容として書いておかなければならない事項も同じですので、作成上は従来とそれほど大きな違いがあるわけではありません。この電子定款を利用した場合は、紙ではないので印紙代が不要となり、その分だけコストを減らせることになります。

注意する点があるとすれば、電子文書ですのでPDFとよばれる特定の形式のファイルとして作成するための専用のソフトが必要なことです。また紙に自筆で署名するのと同じく、電子定款にも電子署名をしなければなりません。この電子署名をするにあたっては、やはり専用のカードリーダーとマイナンバーカードが必要ですので、こちらもあらかじめ用意しておくことになります。

特にマイナンバーカードは発行までに時間がかかりますので、会社設立の時期を見据えて早めに手続きをしておくことが重要です。ソフトの購入などを最初から行わなければならない場合は、逆にその分のコストで印紙代節約のメリットがなくなってしまうことがあります。そこでこれらの設備が整っている行政書士などに依頼をしておいて、いくらか費用を払って代行してもらうこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *