電子定款ですと印紙代4万円の節約になります

会社設立に際して、定款を定めることが法律で義務付けられています。

会社の目的や業務執行、組織などといった基本的な規則を明記したものです。定款の中に記されているかどうかによって法的効力が根本的に違ってくる内容も含まれています。会社設立に関する手続きにおいて、認証されておかなければなりません。定款はかつては書面によるのみしかありませんでしたが、今ではPDF化された電子定款も認められています。

電子定款を選択する一番のメリットは、紙の定款を作成する場合であれば印紙代が4万円かかるところ、それが不要になるという点にあります。印紙税4万円の節約は非常に大きな支出削減です。会社を立ち上げたばかりの段階では何かと物入りですので、少しでも節約できるのであればそれに越したことはありません。言うでもありませんが、電子定款をつくる前に、定款の文言を作成しなければなりません。最初にWordで定款を作っておいて、電子定款にする準備に着手いたします。電子定款の場合、一度認証申請をしてしまうと、その後の訂正や再申請には相当な手間がかかります。この点は注意が必要でしょう。

株式会社を設立するとした場合、再度、約5万円の申請料を支払う羽目にもなりかねません。後で訂正が入ることのないように、入念に確認しておくことが大切です。できれば、いったん定款ができ上った時点で、公証役場もしくは法務局にチェックしてもらうのが確かです。専門家の目で誤りなどがないことを確認してもらうのが確実性の高い方法でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *