電子定款の作成を専門家に依頼する

会社を設立する際は定款を作成する必要があります。

この定款にはどのような事項を盛り込めばよいのかが法律で決まっていますので、作成にあったは慎重を期して行う必要があります。特に絶対的に記載しなければならない事項と、記載しなくてもよいものの後で法律上の効果を発生させるためには記載する必要があるものの両方が存在している点に注意しなければなりません。そこで場合によっては自力ですべて作成するというのではなく、行政書士をはじめとする専門職に作成を任せてしまう方法もあります。

その場合に電子定款の方式で定款を作成しておくと、コストを削減できるメリットがあります。電子定款はこれまでの紙の定款に代わって、電子文書として定款を作成しておくことをいいます。そのため収入印紙代としての無駄な費用がかかりません。実は電子定款そのものも自力で作成できないことはありませんが、記載する事項は紙の定款とほぼ同じですので、やはり内容を精査しなければなりません。

また電子定款としての電子文書を作成するためのソフトウェアがパソコンにインストールされていなければなりませんし、カードリーダー・ライターのような装置も必要です。このような装置などの一式を揃えるにもお金がかかりますので、最初から装置を持っている専門家に依頼をするというのは、新たな購入を必要としないという意味でもメリットがあります。もちろん依頼するのにも報酬の支払いは必要ですが、依頼しない場合にかかる費用と比較してもそれほど高額ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *