電子定款にはメリットがたくさんある

電子定款は、会社設立に必要な定款の作成費用を削減する一つの方法となっています。

一般的な定款は、紙に印刷された書類の形式ですが、所定の額面の所得印紙が印紙税法に基づいて貼られているのは、そのため費用がかかるというルールです。ただ個人事業主が法人になるケースでは、できれば会社の冒頭でのコスト増は、少額でも避けたいところですね。そこで電子として定款ファイルを作ることで、印紙税の負担を工夫することが可能になります。

この電子ファイルの作成は個人ではできないかもしれませんが、そのための準備を考えると、司法書士などの専門家に聞いた方が良いかもしれません。実は会社設立支援のサービスをしている事務所が多く、そういうところが依頼所になっています。料金もリーズナブルな価格で提供しているところが多いようですので是非勝つよう宇してみるといいでしょう。電子定款の作成を求められた場合は、要求に対して一定の手数料を払う必要があるかもしれませんが、それらを差し引いても給付金はあります。

たとえば、電子定款を作るために専用のソフトやカードリーダーを購入する必要があるかもしれませんが、新しい会社にしか使わないものを個人的に用意しなくても、オフィスから物を使えるという利点があります。定款の作成に加え、法律事務所での設立登記などの法令に則って様々な手続きをとることができ、そのための時間と労力を省くことができる。ミスを防ぐのがプロの仕事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *