会社設立のスペシャリスト、代行サービスを使おう

会社設立のためには非常に多くの手続きが必要となります。

しかも提出する書類は多種多様で、なおかつ不備や記入ミスがあった場合は全て返却されてしまいます。返却された場合、そのぶん会社設立までの時間がのびてしまうことになりますので、時間の無駄が発生します。

できればその時間を新しい会社の営業や事業を行うために使いたいものです。そのような間違いを防止するためにも、会社設立の際にはぜひ会社設立の代行サービスを利用しましょう。代行サービスに所属しているスタッフは、行政書士や税理士などのプロフェッショナルたちです。そのため先ほどのような書類不備やミスを起こす心配はありません。

しかも記入方法や提出に必要なものを把握していますから、依頼主はそれに従うだけで良いのです。場合によっては、記入も代行可能である場合がありますので、代行サービス会社から送られてくる質問事項に返信するだけで良いのです。

代行サービスはさまざまなサービスを行っており、依頼主のオーダーによっては会社設立の手続き以外のことも行ってくれます。たとえば、法務局から登記完了の通知があれば書面上の会社は設立したことになりますが、この手続きが完了しただけでは営業は不可能です。会社の本店所在地のある都道府県の税務署などに開業申請を行う必要があります。

これらも複数の箇所が必要ですので、非常に手間がかかるものです。ですがサービスの会社では設立後のこれらのサービスを実施してくれるところがあります。費用とともに検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *