会社設立代行をしている事務所

会社設立にはさまざまな手続きが求められますので、個人ですべてをこなすには荷が重すぎる面があります。

そこで全国的に会社設立代行のサービスを取り扱っている事務所もありますので、こうしたところに依頼をしておくのも有効な方法です。地域的に離れていても電子メールその他のやり取りで引き受けてもらえることがありますので、ホームページにかかれている注意書きなども丹念に読み込んでおくのがよいでしょう。

このような事務所は行政書士や司法書士、税理士などの国家資格を持っている人材を抱えているのが普通ですので、業務の一環として報酬を得て代行サービスをすることが認められています。もちろんそれぞれの資格に見合った法律的な知識や経験もありますので、その意味でも個人でやみくもに手続きを進めるよりははるかに安心です。

場合によっては会社設立代行だけではなく、事前の会社設立に向けた相談や、事後の税務顧問のようなサービスもあわせてパッケージ化されていることもあります、このようなケースでは費用的な面でも他の事務所と比較するとアドバンテージが大きなことがありますので、事務所ごとの特徴を踏まえて依頼をするかどうかを決めるべきです。

会社設立代行のサービスでは電子定款が使われることもあります。これは紙の定款の代わりにPDF化された電子ファイルを利用するものです。紙ではないため収入印紙代がかからず、その分だけ費用的な節約につなげることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *