会社設立代行を利用する効用

会社設立に当たっては登記を済ませる必要がありますが、その前には定款の作成やその認証といった手続きがあります。

特に合同会社のように手続きが少ない会社形態であれば、個人でもすべての手続きを行えないことはありませんが、一般には会社設立代行のサービスを利用することも多いものです。

このようなサービスは司法書士や行政書士、税理士といった国家資格の有資格者がスタッフとして関わっている事務所で引き受けていますので、近くにあるかどうかを探してみるのもよいといえます。場合によっては全国対応で受け付けをしていることもあり、インターネットが発達した現在では、実際にはあまり場所的な制約はありません。

会社設立に際しては定款を作成した上で認証をもらい、その後に法務局での登記申請をすることが必要です。定款ひとつをとっても商号や所在地などのかならず記載すべき事項が法令で決まっていることから、正確性を重視して作業をしなければなりません。

このようなことを考えると、会社設立の手続きは専門家に代行してもらうのが間違いが少なく、手間とスピードという点をとっても大きな効用があるといえます。会社設立代行のサービスを利用するときには報酬が発生しますが、現在では行政書士などの専門家の報酬は自由化されていますので、依頼先によって金額が異なることは考えられます。そのためあらかじめ見積もりをしてもらうなどして、どの程度の金額になるのかは把握しておくのが適当です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *