会社設立の代行を依頼すると節約できる費用

会社設立の代行を依頼すると費用を節約できる可能性があります。

会社設立にかかる費用の内訳をみてみると、紙の定款に貼付する収入印紙の代金が4万円とそれなりの負担です。代行を依頼すると電子定款を作成してくれるので、印紙代の4万円を節約できます。

一般的に専門家に手続きを代行してもらうと時間と手間を節約できるかわりに費用がかかるというのが常識ですが、会社設立という場面に限って言うならその常識はあてはまりません。専門家に代行してもらったほうが時間と手間を節約できる上に費用まで節約できるのです。もちろん、これには例外があります。

すでに「AdobeAcrobatStandard」やicカードリーダライタなどの必要な器具がそろっているならコストをほとんどかけずに電子定款を作成できます。その場合には自分で作成してしまったほうが少なくともお金は節約できるでしょう。

これらの器具がそろっていない場合には、そろえるためのコストがかかるので、専門家に代行をしてもらったほうがメリットがあります。会社設立のサポートをしてくれる専門家に依頼をした場合、どこの業者を選ぶのか、どの範囲までサポートをしてもらうのかにもよりますが、かかるコストはだいたい1万円~2万円です。

無料でやってくれる業者や2、000円程度の格安で電子定款を作成してくれる会社もありますが、有料のプランへと誘導することが目的のこともあるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *