会社設立0円代行は本当に得なのか

今、空前の起業ブームが到来していると言われており、サラリーマンを辞めて会社を設立し社長になる方も多いようです。

会社設立となるとまずはその流れを理解し、色々な手続きについて調べながら行わなければならず、素人には至難の業であり時間もお金もかかってしまいます。最近ではインターネットの普及に伴い専門的な情報も簡単に知ることが出来るようになっていますが、会社設立と検索をすると、代行会社なるものが登場し、しかも0円や無料といったにわかには信じがたいような文字が並んでいるので、怪しいと感じながらも気になっている方は少なくないようです。

ややこしい手続きを代行でしてくれる上、なぜその費用が発生しないのか、そこにはどんなからくりがあるのでしょうか。まず会社設立にあたって全く費用が発生しないのかと言うとそうではなく、これは自分で行おうが専門家に依頼しようが関係なく、株式会社で約二十万円、合同会社で約六万円ほどは必要です。

この実費は前金で準備しておかなければならないもので、無料と言うのは登記を依頼した際の手数料に対してだという事を理解しておきましょう。この登記代行の手数料がなぜタダになるのかと言うと、会社を設立した場合、その後経理や税金の申告といった作業が必ず起こってくるので、多くの会社で税理士と顧問契約を結ぶようになります。

決算や税金申告を行う経理を雇うとなれば、税理士よりも大きな出費となるのが通常だからです。つまり会社設立直後のお客さんを獲得したい税理士が、顧問契約を結ぶことを条件に設立の登記を無料で代行しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *