会社設立時の定款作成代行

会社設立にあたってはさまざまな手続きが必要ですが、そのなかでも難しいのは定款の作成です。

定款には絶対的記載事項、相対的記載事項と呼ばれるものがあり、法律の規定によってかならず記載しなければならない項目や、すべての場合に必要とはいえないものの記載しなければ法律上の効果が生じない項目をわきまえておかなければなりません。

このように定款を作成するとはいっても、内容を判断することは重要ですので、個人が安易に予備知識もなしに行うことはリスクが高いといえます。そこで行政書士や司法書士などの専門的な法律の知識を持つ人に会社設立の際の定款作成業務を代行してもらうことがよく行われています。

依頼先によってはその後の法人登記の提出までも代行してらえることがあり、会社設立の手続きを効率的でスピーディーにする上ではかなり有効といえます。加えて法律上の知識に乏しいことによるさまざまな間違いを防ぐことができますので、作成作業をはじめからやり直すような手間も避けられます。

会社設立の代行を依頼すると一定の報酬を支払わなければなりませんが、この場合も節約する手段がないわけではありません。たとえば電子定款といって、紙の定款を電子ファイルに置き換えたものを正式な定款として採用することができます。この場合には紙の定款では貼付が必要な収入印紙がなくなりますので、その部分の費用を差し引くことができ、報酬を支払ってもまだメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *