会社設立の代行を使うメリット

会社設立の手続きは会社法などの法律にしたがって行いますが、ここにはさまざまな手続きが書かれているため、それらを正確に守ることが重要となります。

特に最初に発起人が作成しなければならないとされている定款の内容を決める部分は重要です。定款には会社の設立目的や商号、発起人の住所氏名などを書き込みますが、絶対に必要となる事項も法律で決まっているため、書き漏れがあればやり直さなくてはならず、細心の注意を払うことが求められています。

そこで会社設立の手続きを代行するサービスもありますので、こうしたところに依頼しておくのもひとつの方法です。会社設立の代行サービスは行政書士や司法書士のような国家資格を持つ人が携わっていますので、書類の不備などの問題が生じることは、個人で手続きをする場合に比べれば格段にリスクが低くなります。

また手続きのなかでは公証人役場や法務局といった窓口を何度も往復する必要がある場合がありますが、このような手間もできるだけ省略することができるという意味でも、代行サービスを利用するメリットがあるといえます。

サービスには所定の報酬が発生するのがふつうですが、これはたとえば電子定款を活用するなどの工夫によって、節約をすることも可能です。電子定款は普通の紙の定款に代えてPDFファイル形式にしたものを指していますが、収入印紙を貼付しなければならない義務がなくなるので、その分のコスト削減につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *