会社設立に必要な手続きとそれを代行してくれる専門家

会社設立には様々な手続きを済ませる必要があります。

どのような手続きが必要なのかを見ていくと、まずは定款の作成です。定款とは会社を運営していく上での、基本的な規則事が記されている書類です。

会社の憲法とも呼ばれることもあり、それくらいに重要な書類であり、会社設立の際には絶対的に欠かすことができない手続きのひとつです。それから登記です。これは安心して取引が行われること、また第三者に不利益が発生しないことなどを目的として行われる手続きで、会社名や役員名などを社会に公表するために登記簿に記載すると言う手続きです。こちらも会社の社会的信用を得るために必要なことであり、これが行われない限りは会社は会社として認められることはありません。

更に会社設立で立ち上げる会社、その業種の種類によっては許認可を取得する必要が出てくるものもあります。たとえば飲食業や建設業などがこれに該当し、許認可が取得されていない状態では、どんなに環境が整っていてもそれを事業として行うことは不可能です。さて、こうした手続きは個人で行うことも可能ですが、専門家に会社設立の代行を依頼することもできます。ただ専門家によっては代行が可能な手続きと不可能な手続きがあるので、それを知っておくことが重要です。

まず定款作成ですが、これの代行は行政書士と司法書士が可能となっています。ただし次の登記の段階になると、これができるのは司法書士のみとなっているので要注意です。反対に許認可の取得は行政書士のみができる部分ですから、できれば行政書士と司法書士の両方が揃っている事務所に代行を依頼すると、効率よく手続きを済ませることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *