定款作成と会社設立代行

会社設立にあたっての最初のステップが定款の作成です。

定款は会社としての基本原則を文書にまとめたものと考えることができます。どのような事項を記載しなければならないかも、会社法のような法令の規定にもとづくことになっており、これには絶対に記載する事項と、記載しなくてもよいものの記載がなければ法的な効果が発生しないものなどがあります。そのため定款の規定内容いかんでは会社設立後の運営にも重大な影響が及びます。

このように会社設立時の定款作成はある程度の知識や経験が求められますので、会社設立の手続きそのものを専門家に代行してもらうことも多くなっています。報酬を得て代行ができるのは行政書士や司法書士といった国家資格をもつ専門家です。そのため地域でこうした資格を得て事務所を開設しているところに依頼をしてもかまいませんし、最近では全国的に代行サービスを請け負っていてインターネット上で案内している事務所をなどもありますので、どちらか適当な方を選べばよいといえます。

会社設立の代行サービスでは、電子定款を利用することも多くなっています。電子定款は従来の定款を紙からPDFファイルに置き換えたものを指します。これは紙の文書と内容的にそれほど異なるわけではありませんが、紙ではないので収入印紙を貼る必要がありません。そのため代行を依頼したとしても収入印紙代が浮きますので、報酬分を余裕で浮いた費用からまかなうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *