会社設立に代行業者を利用するときは

会社設立の手続きは個人でも行うことができます。

しかし、必要書類を揃えたり、法律の知識が必要な場面が出てくると、そこで時間がとられてしまい、設立までに長い時間がかかることがあります。最近は、会社設立をするときは代行業者に依頼をする方も増えているようです。

代行の依頼をすると大きな費用が必要になるのではないかと思っている方も多いようですが、逆に依頼をすることで設立にかかる費用を抑えることができる場合も多いので、気になる方は、どれくらいの費用が必要になるのか相談をしてみてはいかがでしょうか。

代行と一言で言ってもさまざまな手続きが必要となるので、どの部分を代わりに手続きを行ってくれるのかを事前に確認しておく必要があります。できるだけ多くの範囲の手続きを行ってくれる業者を選ぶことが業者選びのポイントになります。費用に関しては、業者ごとに異なるので、どれくらいの費用がかかるのか見積もりを出してもらい比較を行ってみてはいかがでしょうか。

極端に費用が安いところは、会社設立以降に顧問契約を結ばなければいけないなどの条件がついている場合があるので、顧問契約が必要であれば問題ないのですが、そうでない場合は注意をして確認をしておきましょう。

また、最近は電子約款も認められるようになってきました。電子約款を利用すると収入印紙代がかからないので、費用を抑えたいと思っている方は、電子約款に対応をしている業者を探すとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *