事業をするなら会社設立代行を使おう

自分で会社を作るときには多くの作業をしないといけません。

面倒でお金もかかるのですが、これを手伝ってくれるのが会社設立代行業者です。株式会社を設立するときには定款を作ります。ただ定款はパソコンやカードリーダー、PDF作成ソフトが必要です。一式揃えると10万円近くかかりますが会社設立代行業者では電子定款を作成してくれます。

金額はかなり安く1万円くらいで対応してくれるので大幅なコスト削減ができるでしょう。さらに電子定款なので印紙代4万円を削減できるのもメリットです。司法書士がいる事業者だと免許登録税が最大で5000円割引になるので法定費用がお得になる特典もあります。総合計を考えると株式会社なら20万円、合同会社なら6万円前後で設立できるためお得感が高いです。

あまりに安すぎる場所だとちょっと不安に感じるので平均価格を提示している場所に依頼をします。中には会社設立代行費用が0円のところもありますが、内容を確認すると良いです。基本的に総合費用が0円ではななく手数料が0円になるので間違わないようにしましょう。

免許税や手数料以外の部分は費用が発生します。なぜ0円で行ってくれるのかというと一定条件付きとなっていて、税理士法人などで顧問契約を結ぶ必要がある仕組みです。わからないことがあればサポートしてくれるのがメリットなので、実績のあるサービスにしましょう。以上のことを理解して業者を利用するのがいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *