代行で会社設立の手間や失敗が防げる

会社設立代行業者を活用すれば、設立の手間を省くことができます。

また、手間だけでなく失敗することも防げます。初めて会社設立をする人は、手続のことについて勉強しながらになりますが、経験がないので失敗してしまうこともあるでしょう。しかし、代行業者はノウハウが確立されています。また、代行するのは法律知識を持った士業なので問題なく会社設立に必要な手続きを完了させてもらうことができるでしょう。

手間を省けるのはメリットが大きいです。会社を作るとなると、手続以外にも設立後の会社のために例えば事務所を探したり取引相手を見つけたりといったことをしなくてはなりません。つまり、自分でやるとすれば並行して作業を行わなければならず、負担は大きくなります。

しかし、これを第三者に頼めば、自分はそちらに専念することが可能です。専門的な人に頼めて確実にやってもらうこともできるため、コストがかかってもそれを払うだけの価値はあります。コスト面についても、かえって自分でやるより安くなることもあります。

代行業者は電子定款を活用しますが、これによって4万円の印紙代がかかりません。電子定款を作成するためには必要なソフトや機器があり、これを購入すると4万円と同等かそれ以上かかってしまいます。

しかし、業者を利用すれば電子定款を作ってもらうことができますし、手数料も安い所なら4万円未満で、その差額分が自分でやるよりも安くなるため利用価値は高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *