会社設立を代行した場合の流れ

会社設立を代行業者に依頼した場合、どのような流れで事業が開始されるのかという点です。

ではどのように流れていくのかという例はこのようになっています。最初に会社設立の代行業者が決まったら業者に申し込みをします。申し込む方法は業者のホームページのお問い合わせフォームから必要事項を送るだけです。業者によっては電話が可能なところもあります。

次に代行費用の入金で、申し込みが完了し、納得できる手続きになれば、代行業者に費用の送金をします。この費用は業者によってかなり違ってきます。定款の重要事項を決定した後、定款の作成を行います。ここは業者が全て行なってくれる事項なので任せることが出来ます。また電子定款の場合が印刷代の4万円を抑えることも可能です。

次に資本金の入金で、最初の方で決めた資本金を会社設立発起人の名義で銀行口座を作成し、作った口座に送金します。次に登記や印鑑登録の書類を作成します。本店の所在地などを登録するためには法務省で行う登記の手続きが必要になります。またその会社の印鑑も作る必要があります。この手続きに必要になる書類も業者が作ってくれるので、心配は無用です。

次に公証役場で定款の認証を受けます。この事項については業者が担当する時もあれば、発起人が自ら赴く必要がある時もあります。最後に法務省で手続きを行います。法務省では登記の手続きや法人印鑑登録手続きを行います。これも業者がやる場合とそうではない場合があります。

法務省で書類を提出し、約一週間後に登記が完了します。これで代行の流れが終了になります。基本的に業者がやってくれる項目が多いですが、中には自ら赴く必要があるものがあるので、注意して下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *